『BRUTUS』のバンコク特集2019から行ってみたい飲食店をピックアップしてみた

『BRUTUS』バンコク特集2019

バンコクはまだまだ進化中の模様。

どうもヨッシー店長です。

 

先日インスタグラムを眺めていたら、『今回のBRUTUSは、バンコク特集』という投稿を見つけたので、気になったので即Amazonで注文しました。

 

届いてから早速読みましたが、そこには「自分がまだまだ知らないバンコク」が掲載されていました。

 

個人的に「あー、ここ行ってみたいなー」というレストランが何軒もあったので、今回はそれらを紹介してみたいと思います。

※雑誌の中では各番号が振られているのですが、下記にもその番号を書いておきます。

 

【01】Sorn(ソーン)、80/20(エイティトゥエンティ)

オープン7ヶ月で1ッ星を獲ったタイ料理レストラン『Sorn』。

22皿のコースで約1万円(日本円)しますが、仕事ぶりが勉強できそうなので、是非行ってみたいですね。

場所がスクンヴィットにあるので(スクンヴィットはバンコクで日本人が多く住む地域)、次回の旅はスクンヴィットを拠点にしようと思っています。

Sorn(ソーン)をガイドしているページ

 

あと、同じく01に載っている『80/20(エイティトゥエンティ)』は、奥さんが日本人ということもあり、こちらも行ってみたいですね。

80/20(エイティトゥエンティ)をガイドしているページ

 

【04】Phan-Phob Cafe(パーン・ポップ・カフェ)

BRUTUSによると現地では『カイケム』というアヒルの塩卵漬けを使った料理やスイーツが流行っているらしい…。(リアルタイムだとわかりませんが)

『パーン・ポップ・カフェ』ではコーヒーケーキにカイケムソースをかけている写真が載っていますが、ちょっと美味しそう♪

Phan-Phob CafeのFacebookページ

 

【05】Blue Whale(ブルー・ホエール)

ここは前回の旅で行きましたが、飲んでないドリンクやスイーツもあったので、カオサン通りに向かう際にまた寄ってみたいですね。

Blue Whaleをガイドしているページ

 

【13】Someday Everyday(サムデイ・エブリデイ)、Homduan(ホームドゥアン)

『Someday Everyday』は、『Warehouse 30』(複合施設)に2019年2月に出来たタイ料理レストラン。

星を撮ったシェフが手がけているらしい。

しかしながら、1品70バーツ(約210円)ということで、安価で一流の味を楽しめるそうなので、行ってみたいですね。

少量で多種が食べられるのは、自分としては嬉しいです。

Someday Everydayをガイドしているページ

 

同ページの『Homduan』も気になるお店。

オーナーさんが北部出身なので、カオソーイを食べてみたいですね。

Homduanをガイドしているページ

 

【20】Baan Phadthai(バーン・パッタイ)

前回の旅で行きたかったけど行けなかったお店の一つ。

店名通り、パッタイが看板メニューになっています。

野菜は自家農園で作っているらしく、オーガニックな点もグッド!

Baan Phatdhaiをガイドしているページ

 

【21】Jub Jub Khao Man Kai(ジュブ・ジュブ・カオマンガイ)

蒸し、揚げ、辛揚げ、照り焼きの4種のカオマンガイを一度に食べられるプレートが人気のお店。

これはうちでも応用できそうなので、是非勉強がてら行ってみたいですね。

Jub Jub Khao Man Kaiをガイドしているページ

 

【22】Mae Varee(メーワーリー)

マンゴーをメインに扱う青果店で、カオニャオマムアン(マンゴーともち米のスイーツ)も売っています。

新鮮なマンゴーで作られたカオニャオマムアンを食べてみたいです。

Mae Vareeをガイドしているページ

 

【33】Baan Somtum(バーンソムタム)、Kruajiangmai(クルアチェンマイ)

『Baan Somtum』は、店名通り『ソムタム(青パパイヤサラダ)』が看板メニューなので、ここではソムタムのバリエーションを勉強したいですね。

Baan Somtumをガイドしているページ

 

『Kruajiangmai』は北部料理を食べられるお店なので、カオソーイをはじめとした料理を食べてみたいですね。

Kruajiangmaiをガイドしているページ

 

【35】Patom Organic Living(パトム・オーガニック・リビング)

ナコンパトム県産のオーガニック食材を使った料理が食べられるカフェレストラン。

彩が綺麗なので、色々と勉強ができそうです。

Patom Organic Livingをガイドしているページ

 

【39】Muslim Restaurant(ムスリム・レストラン)

カオモックガイ(タイ風ドライカレー)の老舗。

ターコイズブルーを基調にした店内で、老舗メニューを味わいたいですね。

80バーツ(約240円)なのもポイント♪

Muslim Restaurantをガイドしているページ(翻訳してご覧下さい)

 

 

今回紹介したお店の他にもまだまだ行きたいお店がありますが、滞在できる日数にも限度があるので、次回も上記を参考にしながら店舗を厳選して巡りたいと思います。

そういう意味ではフードファイターの人は羨ましい…(^-^;)

 

BRUTUS(バンコク特集2019)はカフェガパオにも置いておくので、良かったら読んでみて下さいね♪

 

Amazonでも買えます♪

 

 




 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


We welcome everyone's visit. 우리는 모든 사람들의 방문을 환영합니다. 我们欢迎大家的光临。 我們歡迎大家的光臨。 เรายินดีต้อนรับทุกท่าน Мы приветствуем визит каждого.

メニューブック
メニューブックはこちら

営業カレンダー

※クリックで拡大できます。
カフェガパオの営業カレンダー カフェガパオの営業カレンダー

店主紹介

ヨッシー店長
カフェガパオ店長の吉松です。どうぞよろしくお願い致します。店長ブログやっています♪
スタッフ紹介はこちら。

実績

FMラジオのJ-WAVEに出演して「日本一辛いガパオライス」を紹介しました。
J-WAVE出演
出演時の様子はこちらから



日本ダウン症協会会報「JDSニュース」で、ダウン症児がいる家族のカフェイベント「ニコカフェ」の様子が紹介されました。
ニコカフェの様子
過去のニコカフェの様子はこちらから

お客様の声

アーカイブ

ページ上部へ戻る