時間逆行の難解アクション映画『TENET テネット』観てきました。

TENET テネット

「人間が想像できることは、人間が必ず実現できる」というジュール・ヴェルヌの言葉からすると、タイムマシンも並行宇宙も存在するんだと思う。。

どうもヨッシー店長です。

 

先日コロナ過になってから久々に映画館に行ってきました。(レイトショー)

見た映画は…

TENET テネット

『TENET テネット』

 

『メメント』『インセプション』『インターステラー』などの監督でも知られる、クリストファー・ノーラン監督の最新作です。

 

今回はその感想を。

※この記事はあくまでも感想なので、ネタバレはありません。

 

まず一言。

難解すぎるー!

 

見終わった後は、「えーっと、アレがアレになるからこうなって…」と、もう頭が大混乱しました(^-^;)

こちらのブログ→(難解映画【TENET テネット】攻略-文系にもやさしい徹底解説・考察 ※ネタバレあり)を読んで大分頭が整理されたものの、まだ腑に落ちない部分も残っていて、未だ混乱中です。。

 

TENETは自分の好きな「時間モノ映画」なのですが、造りがかなり複雑構造になっています。

時間軸の把握、時間の逆行、及びそこからの順行、逆行世界、人間関係の把握…と、正直一回見ただけでは「ワケワカメ」です(^-^;)

 

2004年に公開された『プライマー』も、かなり難解なタイムトラベル映画でしたが、TENETはタイムトラベルに「時間の逆行」が加わることによって、その複雑さがさらに増しているように思います。

 

昔の映画(『バックトゥーザフューチャー』『ドラえもん』など)は、「過去を変えると未来が変わる」という設定が多かったですが、昨今の時間モノは「過去を変えても、既に起こっている未来は変わらない」という設定が多いように思います。

しかしながらTENETは、このどちらにも当てはまらないのがちょっと新鮮でした。(厳密にいうと)

 

話が逸れますが、個人的には「過去を変えると、自分が居た未来は変わらないが、その時間軸の未来は変わる」と感じています。(過去に行く度にパラレルワールドが作られる理論)

TENETでは「祖父殺しのパラドックス」と呼んでいますが、「過去に行く度にパラレルワールドが作られる理論」なら説明がつくのではないかなーと思っています(^-^;)

 

話を戻して、『メメント』を見た時に「1粒で2度美味しい」と感じましたが、今回のTENETは「1粒で3度美味しい」と感じています。

 

1回目は、そのまま見た感想。

2回目は、結論を知った上でタイムラインの整理と、各登場人物の心情を探る見方。

3回目は、時間が逆行する世界での細かい気付き。

うーん、この映画は何度も見たくなる映画かもしれないですね。。

 

ちなみに前述した『プライマー』は難解すぎて、逆に何度も見たくなくなりました(笑)

 

しかしクリストファー・ノーラン監督、本当に凄い監督ですね。

彼は映画業界のイノベイター(革新者)ですね。

もしかして彼自身が未来人だったりして…(^-^;)

 

ちなみに主人公はデンゼル・ワシントンの長男です。似てないけど…(^-^;)

 




 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


We welcome everyone's visit. 우리는 모든 사람들의 방문을 환영합니다. 我们欢迎大家的光临。 我們歡迎大家的光臨。 เรายินดีต้อนรับทุกท่าน Мы приветствуем визит каждого.

メニューブック

メニューブック
メニューブックはこちら

営業カレンダー

※クリックで拡大できます。
カフェガパオの営業カレンダー

店主紹介

ヨッシー店長
カフェガパオのヨッシー店長こと吉松です。どうぞよろしくお願い致します。店長ブログやっています♪
スタッフ紹介はこちら。

実績

FMラジオのJ-WAVEに出演して「日本一辛いガパオライス」を紹介しました。
J-WAVE出演
出演時の様子はこちらから



日本ダウン症協会会報「JDSニュース」で、ダウン症児がいる家族のカフェイベント「ニコカフェ」の様子が紹介されました。
ニコカフェの様子
過去のニコカフェの様子はこちらから

お客様の声

アーカイブ

ページ上部へ戻る