バンコクにあるパッタイの有名店『Baan Phadthai(バーンパッタイ)』はオシャレで美味しかった!

Baan Phadthai(バーンパッタイ)の感想

バンコクは飲食店が多すぎるので、多分経営者には「優れたマーケティング能力」が必須なんだと思う。
どうもヨッシー店長です。

 

バンコクって、屋台も入れると“無限の数の飲食店”があるといえますね。

基本的に観光地なので、立地にはかなり影響されるでしょうが、現代はGoogleマップや配車アプリを使えば、評判の良い店は見つけられる時代になってきているので、バンコクで飲食店を成功させるには「優れたマーケティング能力」が必要だと思うんですよね。

 

自分が思うに、結構似た商品(似た料理)を出している店が多いので、「専門店&他の店舗では真似できないもの」が、繁盛店への鍵を握っているような気がしています。(まあそれでも絶対数が多いので難しそうですが…)

これは日本国内でも同様のことが言えますね。。

 

と、バンコクの飲食店経営理論は置いておいて、今回も前回に引き続き「2020年2月のバンコク旅で良かった飲食店」を紹介していきたいと思います。

 

今回は滞在3日目の昼に食べた「パッタイ(タイ風焼きそば)」の有名店
『Baan Phadthai(バーンパッタイ)』
を紹介したいと思います。

Baan Phadthai(バーンパッタイ)の外観

『Baan Phadthai(バーンパッタイ)』の外観

『Baan Phadthai』は、サパーンタクシン駅から5分程歩いた場所にある青い壁が特徴のお店。

オシャレな内装故、日本人や欧米人が多めです。

バーンパッタイの入口

バーンパッタイの入口

Baan Phadthaiの店内

木目とブルーカラーでまとめられていてオシャレな店内

 

この日注文したのは、以下の3品。

ガイヤーンのパッタイ

ガイヤーン(焼き鳥)のパッタイ

麺はセンレックでかなりモッチモチ。
味付けは上品で、ピリ辛な味がビールとよく合いました。

Baan Phadthaiのガイヤーン

ガイヤーンもちょうど良い味付けで、ビールによく合いました。

お値段は、240バーツ(約720円)とやや強気のお値段。でも日本で食べたらもっと高いと思います。

 

若いココナッツとタロイモのバタフライピーココナッツミルクソースがけ

若いココナッツとタロイモのバタフライピーココナッツミルクソースがけ

パッタイでお腹いっぱいだったけど、せっかくなのでデザートも注文。
タロイモとココナッツの寒天みたいなものに、若いココナッツの刺身に、温かいココナッツミルクソースをかけて食べるデザート。
甘めだけど、そこまで甘すぎないお味。

バタフライピーとタロイモとココナッツのデザート

ソースを入れるとこんな感じです。

お値段は、150バーツ(約450円)。

「チャーンビール」
外国人観光客向けの店のためか、価格設定はまあまあ強気。
お値段は、160バーツ(約480円)。

 

『Baan Phadthai』は日本のテレビでも取り上げられているので、日本でも有名店です。

やはりこのように『○○専門』の店の方がメディアも紹介しやすいし、数ある飲食店の中で埋もれない気がしますね(^-^*)

Baan Phadthaiのカトラリー

調味料やカトラリーも清潔感があってgood!

 


Baan Phadthai(バーンパッタイ)

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


We welcome everyone's visit. 우리는 모든 사람들의 방문을 환영합니다. 我们欢迎大家的光临。 我們歡迎大家的光臨。 เรายินดีต้อนรับทุกท่าน Мы приветствуем визит каждого.

メニューブック
メニューブックはこちら

営業カレンダー

※クリックで拡大できます。
カフェガパオの営業カレンダー

店主紹介

ヨッシー店長
カフェガパオのヨッシー店長こと吉松です。どうぞよろしくお願い致します。店長ブログやっています♪
スタッフ紹介はこちら。

実績

FMラジオのJ-WAVEに出演して「日本一辛いガパオライス」を紹介しました。
J-WAVE出演
出演時の様子はこちらから



日本ダウン症協会会報「JDSニュース」で、ダウン症児がいる家族のカフェイベント「ニコカフェ」の様子が紹介されました。
ニコカフェの様子
過去のニコカフェの様子はこちらから

お客様の声

アーカイブ

ページ上部へ戻る