夕方から「持ち帰り専用おかず」を販売したら、買って帰りたいと思いますか?

夜のおかず販売

「軽減税率」、飲食店にとっては面倒な制度です。

どうもヨッシー店長です。

 

このままいくと、10月には消費税増税が決定しそうな雰囲気ですね。。

消費税増税が決まると、「軽減税率」という飲食店には厄介な制度も始まってしまいます。(一番大変なのはコンビニかも…)

 

飲食店の軽減税率を簡単に説明すると、「店内で普通に食事をすれば税率は10%」になり、「持ち帰りで買っていけば8%」になる、という制度です。

 

持ち帰り専門店であれば8%に据え置きになるので優遇措置に見えますが、うちみたいに「店内&持ち帰り」を同時にやっているような飲食店は混乱が起きそうです。

現場でのお客さんも店も混乱するし、確定申告時にも色々と問題が起きそうな気がします…。

うーん、混乱が起きるのであれば一律10%にした方がマシな気もしますが…。いやいや10%だと飲食業は本当に厳しくなると思うので、消費税を5%とかに戻してくれないかな(^-^;)

 

さて話は変わって、カフェガパオでは月曜日と金曜日にランチボックス営業をしていますが、現在営業しているのはランチタイム(11:30~14:30)のみとなっています。

 

ここで皆様にご意見頂きたいのですが…

 

もし月曜日と金曜日の夕方から、ランチボックス営業の残り及び作り足したおかずを「持ち帰り専用」で販売したら、買って帰りたいと思いますか?

 

イメージ的には、スーパーマーケットが夕方にお総菜コーナーで「〇〇%引き」シールを貼って、安く販売しているイメージです。

 

これをやってみようかと思った理由は、「フードロスを極力なくしたい」という理由からです。

ありがたいことにランチボックス営業はこの1年半でだいぶ認知されるようになり、お客様も沢山来店するようになりました。

 

ただ、今年の長い梅雨のような天候の場合、どうしても売れ残りが出る場合があります。

残ったものは家族で食べていますが、それも限界があります…。最終的には捨ててしまうものも…。

 

そこで、残ったおかずを夜用にお安くして販売するのはどうかな?と思った次第です。(新規で作り足す可能性もあり)

 

最近は共働きの家族も多いですし、ランチには来れない方もいらっしゃるかと思います。

うちも共働きなので、スーパーやコンビニではないお惣菜店があったらちょっと嬉しいなーと感じています。

 

そんな感じで「夜のおかず販売」を実験的にやってみたらどうなかな?と考えているので、もしよかったら以下のアンケートに投票頂ければ嬉しいです♪

皆様の投票お待ちしておりますm(_ _)m

※どちらか選択後、「Vote」で投票できます。

もし月曜日と金曜日の夕方から、ランチボックス営業の残り及び作り足したおかずを「持ち帰り専用」で販売したら、買って帰りたいと思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...

 

 

こちら↓は無料プレゼント継続中です♪ご希望の方に差し上げます。

家の片付けをしていたら「もう使わない消耗品」たちが出てきたので、もしご希望でしたら来店時、スタッフに『ブログに載ってた消耗品ありますか?』と仰って下さいね。

もちろん無料です。ゴミで捨ててしまうのは勿体無いと思いまして…(^-^;)

以下、その消耗品です。

子供用トイレトレーニングパッド3つ(未開封)

ペットシーツ(59×44cmのワイドサイズ)3つ、1つ開封済み(数枚使用)

中型犬用オムツ1つ(開封済み、数枚使用)

 




 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


We welcome everyone's visit. 우리는 모든 사람들의 방문을 환영합니다. 我们欢迎大家的光临。 我們歡迎大家的光臨。 เรายินดีต้อนรับทุกท่าน Мы приветствуем визит каждого.

メニューブック
メニューブックはこちら

営業カレンダー

※クリックで拡大できます。
カフェガパオの営業カレンダー

店主紹介

ヨッシー店長
カフェガパオのヨッシー店長こと吉松です。どうぞよろしくお願い致します。店長ブログやっています♪
スタッフ紹介はこちら。

実績

FMラジオのJ-WAVEに出演して「日本一辛いガパオライス」を紹介しました。
J-WAVE出演
出演時の様子はこちらから



日本ダウン症協会会報「JDSニュース」で、ダウン症児がいる家族のカフェイベント「ニコカフェ」の様子が紹介されました。
ニコカフェの様子
過去のニコカフェの様子はこちらから

お客様の声

アーカイブ

ページ上部へ戻る