2/1(土)2(日)の週替りは「鶏肉のカシューナッツ炒めご飯」カレーは「イエローカレー」サラダは「豚しゃぶとセロリのライムあえ」

鶏肉のカシューナッツ炒めご飯

いつもご訪問、ご来店ありがとうございます。

 

お知らせ

2月限定「柏産ネギのトムカーガイスープ」がスタート!

2月の道の駅しょうなんさんとのコラボメニューは、「柏産ネギのトムカーガイスープ」です!

柏産ネギのトムカーガイスープ

※クリックで大きくできます。

地元柏産ネギが入ったトムカーガイスープ(鶏肉のココナッツミルクスープ)です。

レモングラス、カー(タイ産生姜)、冬野菜を、鶏の旨味いっぱいのココナッツミルクで煮ています。

南国の爽やかな香り、レモンの酸味、ココナッツミルクの甘味が合わさった、タイの人気スープです。

Sサイズはお茶碗1杯分、Lサイズはどんぶり1杯分。

土日限定で販売です。

 

木曜日営業開始!

1月9日より「木曜日もランチボックス営業」になりました!

木曜日もランチボックス営業やります

 

道の駅しょうなん主催『タイ料理教室』は現在キャンセル待ちです

2月5日開催のタイ料理教室は、現在キャンセル待ちの状況となっています。

予約状況は、道の駅しょうなんまでお問い合わせ下さい。(04-7190-1131)

2020年2月5日のタイ料理教室

道の駅しょうなん主催『タイ料理教室』開催のお知らせ!

 

平日限定!挽きたてマンデリンコーヒーが半額!

平日のランチボックス営業時限定で”挽きたて”のコーヒーがお楽しみ頂けるようになりました!

コーヒー豆はインドネシアの高級豆「マンデリン」を使用!

通常営業時は1杯税別400円ですが、ランチボックス営業時は「1杯税込200円」の”半額以下”でご提供致します!

マンデリンコーヒーが半額

平日限定!挽きたて「マンデリンコーヒー」が、半額(税込200円)でご提供開始!

 

 

今週の週替りメニュー

さて今週の週替りメニューはこちら♪
鶏肉のカシューナッツ炒めご飯

鶏肉のカシューナッツ炒めご飯です。

中華でもよくある鶏肉のカシューナッツ炒めですが、カフェガパオの鶏肉のカシューナッツ炒めは、タイの鶏肉のカシューナッツ炒めになっています。

どこが違うのか?

それは食べてからのお楽しみですが、ナムプリックパオ(チリインオイル)とタマリンドペースト(あんずのような果実のペースト)を使っているところがタイ風です(^-^)

一見辛そうに見えますが、実際は辛味がほとんどなく甘めなので、辛いのが苦手な方にもおすすめです♪

鶏と野菜のスープ付きです。

お値段は850円。

※辛さレベル1「ちょい辛」
※ジャスミンライス大盛りできます。

1日限定10食なのでなくなったらゴメンナサイ(^_^;)

 

 

今週の週替りカレー

今週の週替りカレーは「イエローカレー」になります。

イエローカレーには「じゃがいも」が入っているので、ちょっとお得なカレーです。

辛さは1.5くらいの辛さです。(グリーン・レッド・パネンが2)

 

 

今週の週替りサラダ

今週の週替りサラダは「豚しゃぶとセロリのライムあえ」になります。

豚しゃぶとセロリのライムあえ

ランチボックス営業でもたまに登場するサラダです。

豚しゃぶ肉とセロリ、ライムを白ワインビネガー、ナンプラー、オリーブオイルのドレッシングとあえました。

ナンプラーを使っているのでタイ風ではありますが、洋風にも近いサラダです。

 

 

店長のつぶやき

今回は「確定申告のデータ入力って…&次回「ニコカフェ」のお知らせ」というつぶやきです。

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


We welcome everyone's visit. 우리는 모든 사람들의 방문을 환영합니다. 我们欢迎大家的光临。 我們歡迎大家的光臨。 เรายินดีต้อนรับทุกท่าน Мы приветствуем визит каждого.

メニューブック
メニューブックはこちら

営業カレンダー

※クリックで拡大できます。
カフェガパオの営業カレンダー

店主紹介

ヨッシー店長
カフェガパオのヨッシー店長こと吉松です。どうぞよろしくお願い致します。店長ブログやっています♪
スタッフ紹介はこちら。

実績

FMラジオのJ-WAVEに出演して「日本一辛いガパオライス」を紹介しました。
J-WAVE出演
出演時の様子はこちらから



日本ダウン症協会会報「JDSニュース」で、ダウン症児がいる家族のカフェイベント「ニコカフェ」の様子が紹介されました。
ニコカフェの様子
過去のニコカフェの様子はこちらから

お客様の声

アーカイブ

ページ上部へ戻る